by ブライト

ブライトの勝手にクローズアップ現代
過去ログその1(2000年)

勝手にクローズアップ現代トップへ戻る

◆印 : ニュースの分類:政治経済・文化文芸・自然・科学・メディア・音楽・芸術・ネットとPC・鉄道と旅・その他
★印 : 自分の周りの出来事などの分類:音楽・就職・大学・人間・自然・その他


  

記事日付 ジャンル タイトル 内容
2000.4.23. ◆科学 クローンって一体・・・・・ クローン
2000.4.25. ◆文化文芸 ブラックバス ブラックバス放流
2000.5.18. ◆政治経済 ブッチホン 小渕首相死去
2000.5.26. ◆その他 爆笑ハイジャック 珍ニュース
2000.5.27. ★就職・音楽・人間 「仕事」と「趣味」と「生活」と 人生
2000.6.1.  ◆政治経済 ブッチホンとパラシュートハイジャックに訂正 後日談
2000.6.7.  ★人間 おまえたちの食堂は カロリーメイト

2000.6.8.

◆科学・自然 洗剤よ、どこへゆく 車洗浄剤
2000.6.14. ◆政治経済 金+金= 南北朝鮮会談
2000.6.14. ◆自然 絶滅、人工繁殖、なんのため 絶滅危惧種対策
2000.6.29. ◆政治 選挙終わりて 衆院総選挙
2000.6.29. ◆文化文芸 はたまさのり、はさまったのり、歯にはさまった指 珍ニュース
2000.7.6. ◆自然・★人間 あなたは優しい登山家よ 人情コラム
2000.7.9. ★人間 いくさたるもの コラム
2000.7.21. ★人間 爆笑エンジントラブル
2000.7.21. ★人間 私の知らない世界 コラム
2000.9.10. ドラえもんを見届けて コラム



2000.4.23. [◆科学] クローンって一体・・・・・

23日のテレビで、クローンについての特集をやっていました。
人間の肝臓を一時的に助けるために使われた、生きた豚(遺伝子操作済み)の肝臓。
人間の耳のストックを作るために遺伝子操作され、結果、人間の耳が背中に生えたネズミ。
クローン人間を作ろうとする(いや、もうおそらく作っているでしょう)アメリカの企業・・・。

ほんとにそれでいいんですか?

大切な人を助けたい気持ち。どこまで貫けばいいんでしょうね。

他人よりも大切な人を選ぶ。そりゃ豚やネズミと同等にするなと言うだろうけど。
ではどこまで殺戮の限りを尽くせば満足がいくのだろう。

「人権」は人間同士、言葉が通じるから成り立つわけだ。
遺伝子操作されて、病人のために死ぬ動物の命。それと人命との差は、
「会話できないこと」「生きる権利を訴える知能が発達していない(と思われる)こと」の2つだけ。

人間以外の生き物が、権利を主張する日が楽しみだ。

▲上のリストに戻る


2000.4.25. [◆文化文芸] ブラックバス

25日付け朝日新聞より。
メダカを食い尽くすブラックバスを批判した本を書いた著者宛に、脅迫状が届いたとか。
昨年の、琵琶湖でのブラックバス根絶運動の時も、匿名希望で脅迫状が運動員に届いた。
「日本の魚たちが減少していく原因をバスのせいにするのは、本当に短絡的でアホである。」
「目には目をだ。」
「あなたも『共存』ということに目を向けるべきだ。さもないとあなたの目玉で美しい自然が二度とみられなくなるぞ。」
なにを言っているんだろうね、この送り主は。
「共存」を考えたいなら、バスに食われた魚たちに哀れんで、バスに食われちゃえば!
「目には目を」でね。

▲上のリストに戻る


2000.5.18. [◆政治経済] ブッチホン

ブッチホン他界。
弔い合戦だとか言ってるけど、政治も経済も、ようは強引にやったもん勝ちですな。
青木(官房長官)さんが小渕さんから頼まれたかどうかなんて、もう誰も知ることはできない。
だから言ったもん勝ち。
マイクロソフトが独占禁止法にひっかかっても、もう普及しちゃったから止められない。

正直者がバカを見る世の中っていつからできたんだろ。
きっとこの世が生まれた時からかな。

▲上のリストに戻る


2000.5.26. [◆その他] 爆笑ハイジャック

26日付の朝日新聞より。
フィリピンでハイジャックがあった。
銃を手にした犯人に飛行機が乗っ取られた。しかし!犯人の要求は
「飛び降りさせろ」
背中にはパラシュートを装備していた。
・・・・・・・
なに!なにそれ!

客室後部の非常口が開けられた。
地上がはるか遠くに見える。ここでなんと、しりごみする犯人。
「死ぬかもしれない」
・・・おもしろすぎ。
まごまごしている犯人の背中を乗務員が押して飛び降りさせた。
機内からは拍手がわいたそうだ。

想像しただけで爆笑もんだね。
そんなハイジャックなら私も拍手しちゃうよ。そのおもしろさに!

▲上のリストに戻る


2000.5.27. [★就職・音楽・人間] 「仕事」と「趣味」と「生活」と

今、人生の中でもかなり大きな分岐点にさしかかっている。
就職。
自分の仕事は生きていくための手段か。夢をかなえるための手段か。それともそれが趣味なのか。
芸術家には「アイディアに行き詰まったらどうするか」なんて愚問。
芸術家の仕事のストレスは芸術で解消させるらしい。

よく考えれば自分にも意外とあてはまることに気づく。
音楽作ったり聴いたりしていれば本望だ。
それでいい作品が作れればもっといい。
たくさんの人に聴いてもらえれば、たくさんの人に感動してもらえれば・・・・・・。
きっと悔いはない。満足して死ねるだろう。その点に関しては。

きっと曲作りに携わる職業なら、それは私の天職。
でも、それで確実に生活していけるかどうかはまったくわからない。
多分ひもじいだろうね。多分老後はダメかもね。

内内定をもらっている会社があります。
(−2000.7.9. 都合によりこの部分1行削除−)

旅行、鉄道、写真、パソコン・・・・こだわりたい趣味がいろいろあります。
「生活」するお金を稼ぐための仕事といっても、少しでも自分の趣味が深い分野の仕事をやってみたい。
そう思って志望する会社もあってもいい。

音楽・・・・生涯かけてなにか大きなことをやりたいという野望があります。
「生活」するお金を稼ぐための仕事だけじゃない。夢を、野望を燃やすんだ。

(−2000.7.9. 都合によりこの部分8行削除−)

別の不安、悩みが生まれた。
自分の夢に生きるために、他の会社を蹴って、就職浪人してまで目指すか。
いや、そんなことは当たり前だ。夢に生きるって、そういうもんだ。
そうは思っても、数ヶ月前の自分とはちょっと違っている。
悩みはまだ解決しない。

たくさん悩むのはいいことだ、とみなが言う。
客観的に見れば、自分でもそう思う。
でもやっぱり、辛いね。

▲上のリストに戻る


2000.6.1. [◆政治経済] ブッチホンとパラシュートハイジャックに訂正

ブッチホンの通話圏は広かった、そして電波もよかったらしい。
アメリカのトップ、クリントンさんが来る。韓国からもトップが来る。
ブッチホンのお葬式に。
通話内容がよかったかどうかはわからないけど、ブッチホンが強力だったことは確かだ。


パラシュートで降下したハイジャック犯、パラシュートが開かずに死亡。
機内で奪ったそこそこのお金は、そこらへんを歩いてた人に盗まれちゃった。
機内で拍手した乗客も、複雑な心境だろう。
その人の人生ってなんだったんだろう。

▲上のリストに戻る


2000.6.7. [★人間] おまえたちの食堂は

カロリーメイトのCM。ご存じ?
「ぼくたちの食堂は、いつもあいている。」
ああそう。 カロリーメイトって食事だったんだ。エサじゃなくて。

いや。カロリーメイトがダメだっていうんじゃない。
ああいった栄養食を摂るときは、「エサ」と「食事」の違いを頭の隅に忘れないでいてほしい。
食事する暇なんかない時期だってあります。わかります。
どんなにイヤな社会だって、現実にその中に私たちは生きているんですから、
そんな過酷な状況を否定することはできません。
でもそんな時は、もはや生きものの生活ではないことを忘れないでください。

忙しくも熱中しているのでも金欠でもない人が食事でなく「エサ」を喰らう。
そんな生活をオススメしているカロリーメイト、ちょっと変です。

▲上のリストに戻る


2000.6.8. [◆科学・自然] 洗剤よ、どこへゆく

またCMの話。
洗剤のCM、多いです。
食器、ふろ、トイレ、車、ガラス、衣類などの各洗剤。
時間のない現代人のために、いろいろ作られてる。
「さぁーっと水をかけるだけ!」 とか。
「1回流すだけでピカピカながもち!」 とか。
掃除に手も汚さないのね。悪くないわ。

ところでその、水で流したあとの超強力な洗剤はどうなるわけ?
浄水場?ウソ、きれいにしきれないわ、みんな使ったなら。
車の洗剤なんか道路にまき散らしてる。

原子力の核のごみ、石油の乱掘・・・・・
あとのことを考えない現代人のやりそうなことだ。超強力な洗剤だなんて。

排他的な考えは、身を滅すことになる。
「抗菌」が流行ったり、ほかの生き物のことを考えない人間。
滅びは近い。

▲上のリストに戻る


2000.6.14. [◆政治経済] 金+金=

今日は記念すべき日。
朝鮮がひとつになろうと合意した、夢のような話。
それが実現したんだ!

38度の国境線で、どれだけの人が殺されただろう。
お互い探り合って、どれだけのスパイが遣わされただろう。
なにより、急に国境線ができて離ればなれになった家族。
家族に会いたくても会えないって、生き地獄だ。

キムヨンサム大統領、キムジョンイル総書記。
ふたりが握手して、笑ったり泣いたりした朝鮮民族は数知れず。
ふたりが交わした合意で、成仏した魂も数知れず(かもしれない)。

21世紀になろうとしている地球に、冷戦はもういらない。
これからの朝鮮に、幸多からんことを!

▲上のリストに戻る


2000.6.14. [◆自然] 絶滅、人工繁殖、なんのため

テレビ「クローズアップ現代」より。

タンチョウヅルって、本当にきれい。美しい。
求愛ダンスもさることながら、顔のきりっとした美貌、
羽の先まですらりとした流線!
そしてその飛び立ちは華麗な舞踊そのもの。
空に向かって斜めに大地を離れていく姿にさわやかさと哀愁を感じる。

タンチョウヅル、トキ、コウノトリ……
その美しさは罪だったのかしら。
人間は魅力に惑わされて彼らを奪った。

北海道、釧路湿原。
ここに日本唯一のタンチョウヅル生息地がある。
生息数は700羽。
北海道のこの地でも、開発が進んで、生息地は年々減っているらしい。
そこでこの番組が言ったひとこと。
「日本の他の地域でも生息できるような場所を作るべきだ、と(地元は)言っています」

違うでしょ! そうじゃない!
確かに生息地を増やしたほうがいい。人工繁殖も、数が安定するまでは悪くない。
でも、「生息地を増やせ」って言う前に、開発をやめるべきじゃないの?
やっかいものみたいに言ってさ。自分のところは開発バリバリしちゃって。

基地問題と同じだ。ようは、たらい回しにしたいの。


生き物のことを考えて、種の維持を一生懸命にしてくれた人たちは、
所詮人間のごく一部だった、ということ。
人間は、彼らの美しさに魅入られても、所詮私利私欲がかわいいということ。

動植物のみなさん、人間はバカな生き物なのだ。
謝って済む問題じゃないけど、ごめんなさい。

▲上のリストに戻る


2000.6.29. [◆政治] 選挙終わりて

6月25日衆議院総選挙。

弔い合戦、あほらしい。
小渕さんのお嬢さん、なにしにきたの?
日本のこと考えてるの? 一般人だよまるっきり。

汚職で一度はつかまった議員、ひっこめ。
それを応援する市民も市民だ。
あなたたちが賄賂政治を作ってるのわかってんの?

森首相続投。日本の恥。
サミットやる前にやめてほしかった。

ちょっと、こんな平々凡々な選挙も久しぶりだね。
争点が明確じゃない。強い主張がない。
市民よ、たちあがらなくていいのかな?

▲上のリストに戻る


2000.6.29. [◆文化文芸] はたまさのり、はさまったのり、歯にはさまった指

畑正憲。ムツゴロウさん。
自分のテレビ番組撮影中に、ライオンに指噛まれる。
ライオンは、テレビの裏の畑さんの性格を知ってたんだね。

動物がいない番組の畑さんは、ただの人間?
動物にあやかっちゃダメだね、畑さん。

▲上のリストに戻る


2000.7.6. [◆自然・★人間] あなたは優しい登山家よ

3日付朝日新聞より。

アメリカの女性を名乗る英語の手紙が、山梨県富士吉田町役場に届いた。
「悪いと知りつつ記念に持ち帰りました」
小石3個が同封されていたって。

そんな心優しい人、素晴らしい。
見せかけの優しさって、よくあるけど、これは見せかけなんかじゃない。
見せかけだったらわざわざ自分の国でもない役場に小石3個を郵送するはずないじゃない。
あのでっかい山の小石。もって帰る人はごまんといるはず。
それなのに。

この気持ち、なんと表現したらいいかよくわからないけど、
そういう人がいたことがとっても嬉しい。

同じ人間として、それぐらいきれいな心を持って応じたい。
しょせんきれいごとだって言われたって構わない。
人間は行動して変わってゆく生き物だから。
人間みんながこの女性みたいにきれいな心をもって生きれば、
まだまだ人間も捨てたもんじゃない。

こういうことに気づかせてくれるこの女性に、改めて感謝。

▲上のリストに戻る


2000.7.9. [★人間] いくさたるもの

大河ドラマ「葵・徳川三代」より。

徳川家のワナにつぐワナで、豊臣家は滅んでいく。
そんな中で2代目将軍秀忠の妻(正室)は、ものを見る目がすばらしい。

「およそこの世に、いくさほどあさましきものは ござ候はず」

争いごとに、一番「効果のある現実」で決着をつけるのが、戦争。
それは最小の被害におさえるのかもしれない。
軍事施設だけしか攻撃しないかもしれない。

でも罪のない人が傷つくのだ。
家族と離れたくない人。
恋人と離れたくない人。
現世から離れたくない人。
世界が好きな人。

国の主は、それを知って戦争をする時もあるだろう。知らずにする時も。
涙をのんで戦争を始めた人は、どれだけいるのかしら。
何にでも、「従」の人に比べると「主」の人は大変だ。

いくら涙を流しても、死に行く命は救えない。
願わくは、流さざるを得ない涙を流す前にやるべきことに気づきたい。

▲上のリストに戻る


2000.7.21. [★人間] 爆笑エンジントラブル

21日付朝日新聞より。

成田空港で、インドネシア・デンパサル行きがエンジントラブル。
しかも別に用意した飛行機もエンジントラブル。
翌朝、最初の飛行機のエンジンを取り替えた。
またエンジントラブル。
3回も「同じ便」が連続してエンジントラブルなんて。

相当、運の悪い人間がいるか、行いの悪い人間がいたんだね。
エンジントラブルだけで済んでよかったと思わなきゃ。

運も実力のうち、とは言うけれど。
それはちょっと違うと思う。
私は、運はいいほう。
だからこそ、運のない人がかわいそう。

運は、実力じゃない。
運だ。

▲上のリストに戻る


2000.7.21. [★人間] 私の知らない世界

私の知っている世界。
宇宙の、地球の、ごく一部。

あなたの知っている世界。
宇宙の、地球の、ごく一部。

私の知っている世界と、あなたの知っている世界。
ふたつをあわせても、ごく一部。
重なる部分も、ごく一部。

私の知らない世界に、楽しいことはいくらでもある。
楽しいことを求めたら、人生いくつあっても足りない。
追いつけない悔しさ。知らなかった悔しさ。

私の知っている世界と、私の知らない世界。
どちらなのかは関係なく、楽しいことを知ろう。
私ができることをやって、その結果見つけた一番楽しいことなら、
私の人生を、

それに、費やそう。

▲上のリストに戻る


2000.9.10. [★] ドラえもんを見届けて

2112年9月3日。
ドラえもんの誕生日。

昨日、日本の長寿番付が発表された。
最高齢は鹿児島県の113歳の女性。

今年産まれた赤ちゃんは、この人ぐらい生きればドラえもんに会えるんだ。
私は無理。
自分がどこを患うかもしれないのか、ぐらいは自分でだいたいわかる。

鹿児島県のそのおばあさんは、最近寝ていることが多いらしい。
動けなくて、ふだんなにを考えているのかな。

長寿も幸せのひとつ。たくさんの時代を見て、生きる歴史になれる。
ドラえもんができたら、タイムふろしきを使うのかしら。
私だったらだんぜん、タイムマシンね。

過去を見ることができるから。

▲上のリストに戻る


勝手にクローズアップ現代トップへ戻る

ふわわWorld 総合案内へ戻る

メールはこちら(a-c@comic.to)


COPYRIGHT & ALLRIGHTS RESERVED
1997-2002 A-C CO.& Bright